結果をいうとKPを買ってよかった、大満足です。

PENTAX-KP

PENTAX KP

最初はフルサイズのK-1を買おうと思っていました。

私は写真を撮るのが趣味ではありますが、カメラを買う一番の目的は所属企業のWEBサイトでの写真撮影の為です。

購入当時、k-1mk2はまだ世になく、K-1とKPの価格差は10万円弱しかありませんでした。
プライベートでしたら10万円の差は大きいのですが、仕事で長く使う道具として10万円はケチるものではないなという判断です。

元々使っていた「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」(通称50安という撒き餌レンズ)がフルサイズでも使えるという話を聞いてましたので、
フルサイズにしたからといってレンズ購入の追加費用もかかりません。

ただ一つだけ悩まされたのは、K-1よりもKPの方が後に発売されていますので、HDRの際の動体補正、AF能力、高感度耐性など細かな機能ではKPの方が優れているらしいという価格COMなどに書かれていたレビュー内容でした。

画質よりも新しくてサポート能力が高いカメラの方が、ピンボケ、白トビ連発していたヘタクソの私には良い結果になるかもという考えです。

しかし、それでも私はK-1を買おうと決めておりました。
何よりもフルサイズというものを一度は経験してみたいという気持ちが大きかったので。

会社で隣の席で働いている女の子からクレームが入る

「私、そんな大きいカメラを持った人と一緒に歩くの嫌ですよ」

私が仕事中に楽天市場のk-1の画面を開いていると、画面を覗き込んできた彼女がそう言いました。

彼女は、私が一番撮らせてほしい女性で、時々、稀に、たま~~~に撮らせてくれる方です。

仕事で必要なのはポートレートを撮る技術であり、私もポートレートが撮りたい人間なので、
被写体さんに拒絶されると どんなカメラも意味はありません。

街中で大きなカメラを持って一緒に歩かれると「あの子、モデルさんよ」などと思われるのが恥ずかしくて一緒に歩くのも嫌だそうです。

ちなみにこんな性格の彼女ですからストロボにソフトボックスをつけて撮影なんてものは元々から禁止です。

k-1(というよりもフルサイズ機)の素晴らしさを語ってはみたのですが「そんな事はどうでもいいです」といわれ終了しました。

対してPENTAX KPの評価が妙に良かった。

デザインがかわいいそうです。

また小型化をアピールしたカメラである事も高得点だったようです。

コレなら一緒に歩いても良いという事なので、コレを買いました。
また、銀色バージョンの方がかわいいそうなので銀色にしました。

 

ごんちん

KP購入の理由は以上ッス

pentax KPを買ってみて約一年経過した現在

KPだけでなく、新たに購入したレンズ「FA43mmF1.9 Limited」の写りの良さと合わせて、
最近、ちょこちょこと彼女を撮らせてもらえる機会が増えたので、僕にとってはそれが全てであり大満足の結果です。

ブログなどには載せないという条件で撮らせてもらってるので写真は載せられませんが。